REM-DIC(レムディック)住所マスタファイルは、全国の地名を小字まで約 55万件すべて収容した、国内最大級の業務用住所辞書(テキスト形式のデータファイル)です。
住所データの入力時に参照用住所マスターとしてご利用頂くことで、顧客情報入力で最も時間がかかる住所データの入力時間を短縮し、データ入力コストを大幅に削減します。
また、各住所レコードにはユニークな住所コード11桁が付いていますので、顧客マスタの住所データに11桁の住所コードを付加することで、名寄せ精度の向上や、配送業務の効率向上に寄与します。
また、業務用辞書として辞書を常に最新の状態に保つため、有償で毎月差分による辞書の情報更新を行っています。

REM-DICマスタファイルシリ-ズ共通リーフレット(PDF:0.4MB)

導入例と導入効果

コンタクトセンターや、対面販売等のお客様と会話をしながらのデータ入力

  • データ入力効率の大幅な向上により、データ入力コストを大幅に削減。
  • 新規顧客データを素早く入力することで、顧客満足度が向上し、電話ビジー率や、通信コストが大幅に低減。
  • オペレーターの負担軽減。
  • 入力表記が統一でき、名寄せ処理時の精度が大幅に向上。
  • データ入力ミスの低減。

用紙(伝票・葉書・FAX等)を見ながらのデータ入力、OCR処理後の漢字住所名の修正等

  • データ入力効率の大幅な向上により、データ入力コストを大幅に削減。
  • オペレーターの負担軽減。
  • 入力表記が統一でき、名寄せ処理時の精度が大幅に向上。
  • データ入力ミスの低減。

顧客マスタの住所データの維持管理/データ解析

  • 住所データを11桁の住所コードで管理することで入力表記を統一化。結果として名寄せ精度が大幅に向上。

住所コード体系につきまして

11桁の住所コード体系は、次の通りです。
JIS都道府県コード2桁+JIS市区郡町村コード3桁+レムトス独自の大字コード3桁+レムトス独自の小字コード3桁

  • 毎月、住所の変更情報をお送りする情報更新データ(差分データ)の「変更フラグ」と「住所コード」を活用し、更新内容を顧客マスタの住所データへ反映することで、顧客マスタの住所データの経年劣化を防ぎます。
  • 顧客マスタの住所データへ11桁の住所コードを付加することで、小字レベルまで分類したエリアマーケティングが行なえます。

特長

  • 全国の地名を小字まで約55万件をすべて収容しています。(最新の地名約40万件の他に、新たに過去10年間分の変更情報約15万件を収容しました)。
    尚、変更情報が不要な場合は、ご注文時に「削除データ無し」とご指定頂ければ、従来の最新の住所データ(40万件)のみの形式で製品出荷を行います。
  • 顧客情報入力の中で最も時間がかかる住所データの入力時間を短縮し、データ入力コストを大幅に削減します。
  • 各住所レコードにユニークな住所コード11桁(JISコード5桁を含む)がついていますので、入力した住所データを小字レベルまで特定化し、分類することができます。
    (JIS都道府県コード2桁+JIS市区郡町村コード2桁+レムトス独自の大字コード3桁+レムトス独自の小字コード3桁 )
  • 入力表記が統一でき、データ入力ミスを削減します。
  • 郵便番号+仮名や、数文字の読み仮名から住所を検索する、検索なる2種類の使い易い検索文字で目的の住所を絞り込むことができます。その他にオプションで色々な用途にあわせた検索文字を数多く用意しています。
  • 業務用辞書として辞書を常に最新の状態に保つため、有償で毎月差分による辞書の情報更新を行っています。

使用例

※REM-DIC住所マスタファイルは、テキスト形式のデータですので、周辺プログラム作成等が必要となります。

郵便番号辞書との比較

REM-DIC住所マスタファイルと郵便番号辞書の 件数比較

REM-DIC住所マスタファイルは、旧住所を含む、小字まで約55万件の住所をすべて収容した、国内最高水準の住所辞書を搭載しております。最高水準の住所辞書を使用することで、データ入力効率の大幅な向上や、入力表記の統一化による名寄せ処理時の精度が大幅に向上します。

郵便番号辞書は、登録住所のデータ件数が少ない為、データ検索時に該当候補が無い場合が数多く発生します。
その際に、オペレータがカナ漢字変換で住所データを入力する為、入力効率が大幅に落ちてしまい、入力表記の統一が難しくなります。
REM-DIC住所マスタファイルをご利用頂くことで、これらの問題点をすべて解消できます。

レコード内容

REM-DIC住所マスタファイル(標準形式)のレコード内容

1)都道府県始めキーワード
2)郵便番号始めキーワード
3)郵便番号
4)住所1(カナ)
5)住所2(カナ)
6)住所1(漢字)
7)住所2(漢字)
8)住所名文字数(カナ)
9)住所名文字数(漢字)
10)生成年月
11)住所コード
12)新住所コード
13)変更フラグ
14)予備1
15)変更区分
16)新郵便番号
17)新郵便番号始めキーワード
18)新郵便番号フラグ
19)新生成年月
20)予備2

丁目番地情報ファイルのレコード内容

1)住所コード
2)新郵便番号
3)丁目番地情報
4)丁目番地情報文字数
5)生成年月
6)変更区分
※丁目番地情報ファイルは、1つの住所名で郵便番号が分割している場合に、郵便番号の詳細な分割情報を表示させる為のファイルです。

主要諸元

対応OS

テキスト形式(固定長)のマスタファイルの為、すべての機種・OSに対応。

レコード形式

固定長、テキスト形式(レコード末尾にCR・LFコード付き)

文字コード

ANKはASCIIコード、漢字はシフトJIS(C-6226-1978)

検索方法

・都道府県始めキーワード:数文字の読み仮名から目的の住所を検索します。
・郵便番号始めキーワード:郵便番号と数文字の読み仮名から目的の住所を検索します。

辞書の情報更新

業務用辞書として辞書内容を常に最新の状態に保つ為、有償で毎月辞書の情報更新を行っております。

価格

初期費用・情報更新費用

お問い合わせください。
REM-DIC住所マスタファイルの価格は、ご利用形態によって異なります。
お差し支えの無い範囲でシステムの概要(利用方法や機器の構成)をご連絡くださいますようお願い致します。

お問い合わせ先

REM-DICマスタファイルシリーズの製品ご購入前のお問い合わせはコチラ

本契約のお申込みは、お試し利用登録後のマイメニューの「本契約情報の登録」にて行ってください。
21000955 75 JP